レスベラトロールの摂取量と安全性(副作用)について

レスベラトロールの効果を得る為には、摂取量が少なくは意味がありません。又、摂取量が多すぎた場合には、安全性に問題があり、思わぬ副作用を起こす可能性もあるので、サプリメント等を利用する場合には、必ず知っておきましょう。

摂取量や安全性について

ビタミンやミネラルなどの栄養素とは異なり、レスベラトロールはまだ歴史が浅いので、有効な摂取量や安全性、副作用などは分かっていません。

当サイトでは、新しい情報が入り次第、随時公開していきますので、レスベラトロールを現在摂取している方や、これから試してみようと思う方は、是非、当サイトをこまめにチェックして下さい。

レスベラトロールの有効な摂取量。

優れた効果を得る為に必要な摂取量は、まだ分かっていません。

ただし、認知症の予防目的であれば、赤ワイングラス3杯程度で効果があると名古屋市立大学の研究チームより報告があります。

この為、サプリメントなどでレスベラトロールを摂取する際には、こちらの量を参考にしながら摂取量を決めると良いでしょう。

赤ワインに含まれているレスベラトロールの量には、原料となるぶどうの品種や産地によって異なる為、一概には言えませんが、下記の量が含まれているといわれています。

■赤ワイン1リットル→レスベラトロール【0.2〜5.8mg】
■グラス3杯(約360ml)→レスベラトロール【0.072mg〜2.088mg

レスベラトロールをサプリメントで摂る場合には、上記含有量を目安に摂れば、認知症の予防効果は発揮出来ると考えられます。

安全性や副作用について。

これまで、レスベラトロールを摂る事によって生じた健康被害や副作用の報告はありません。
又、他のサプリメントとの相互作用の報告もありませんので、安全性が高い成分といえるでしょう。

ただし、レスベラトロールには女性ホルモン様作用があるので、極端に摂取するのは控えたほうが良いでしょう。

※イタドリ原料のサプリメントの場合には、レスベラトロールの他に医薬品成分であるエモジンが含まれており、過剰に摂りすぎると下痢などを招く場合があります。

安全性が高いレスベラトロールのサプリメントを探す場合には、こちらを参考にして下さい。


Copyright (C) 2011 レスベラトロール.com. All Rights Reserved.