サーチュイン遺伝子とは。

若さを保ち、寿命を延ばす鍵となるサーチュイン遺伝子は、人間を含めた殆どの生物が持っていますが、普段は眠っていて働く事はありません。カロリー制限やレスベラトロールの摂取によってサーチュイン遺伝子のスイッチが入るとして、話題になっています。

サーチュイン遺伝子。

長寿遺伝子とも呼ばれているサーチュイン遺伝子(sir2)は、人間を含めた殆どの生物に確認されている遺伝子の事です。

普段は眠っている事から、眠りの遺伝子とのニックネームがありますが、うまくスイッチを入れ、活性化させる事が出来れば、強力なアンチエイジング作用を発揮し、100種類にも及ぶ老化要因を排除し、若さを保ちながら寿命までを延ばす効果が期待できるとして、近年、NHKでも取り上げられるなど話題を呼んでいます。

サーチュイン遺伝子が活性化した時の効果。

以下に、一般的に期待出来る効果を紹介します。

寿命を延ばします。
人間は60兆個もの細胞の集合体で、細胞は絶えず分裂を繰り返しています。
細胞分裂のたびに細胞内の染色体にあるテロメアが短くなっていき、テロメアが短くなると、最終的に細胞分裂が出来なくなり、細胞が死滅し、老化が進んでいきます。
サーチュイン遺伝子が活性化すると、テロメアの短縮を抑制し、細胞の死滅を遅らせる事で、老化を防止し、寿命を延ばすと考えられています。

サーチュイン遺伝子に関する情報サイト

【サーチュイン遺伝子】活性化の方法。
今、アンチエイジング業界から最も注目されているサーチュイン遺伝子の活性化させる為に知っておきたい知識が満載の情報サイトです。とてもわかりやすいので、老化防止に興味がある方の必見サイトです。

カロリー制限によってサーチュイン遺伝子を活性化する場合。

これまで、様々な動物実験によって、カロリー制限を続ける事で、サーチュイン遺伝子が作動し、老化を抑制機能が働いて寿命を延ばす等の実験結果があります。

人間でも、カロリー制限によってサーチュイン遺伝子が目覚める事がわかっていますが、人間は動物と違って生活習慣が不規則で、食事量の制限を続ける事がきわめて難しいのが現実です。
しかも、単純にカロリー制限を行っては、栄養不足を招き、逆に免疫力の低下など様々な不調をきたすので、注意が必要となります。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.