ポリフェノールとは。

植物が持つ成分で、紫外線などの外敵から体を守る為に備わっている抗酸化作用を持つ栄養素です。
近年、生活習慣病の予防などに効果を発揮するなど、脚光を浴びています。

ポリフェノール

植物の色素や渋み、苦味に含まれている成分で、植物が光合成で作る糖分の一部が変化して成分です。

ポリフェノールというのは特定の物質名をいうのではなく、化学的に述べると、水酸基(OH基)という化学構造を複数もつ化合物の総称をいいます。代表的なものでいえば、お茶の成分で人気のカテキンや、目の健康に良いとされるブルーベリーに色素成分のアントシアニンなどがあります。

ポリフェノール全般にいえる事は、非常に抗酸化作用に優れており、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変化させる作用に期待する事が出来ます。

ポリフェノールの種類。

約300種類あるといわれるポリフェノールですが、ここでは代表的なものの一部を紹介します。

カテキン
緑茶や番茶に豊富に含まれており、殺菌作用や抗ウイルス作用に期待出来ます。
アントシアニン
ブルーベリーに含まれている色素成分で、網膜にあるロドプシンという物質の再合成を促し、視力を回復させる働きに期待されています。
大豆サポニン
大豆製品に含まれており、抗酸化作用や肝臓機能の改善に期待出来ます。
クルクミン
ウコンの有効成分として知られ、肝臓機能強化などに働きます。
レスベラトロール
近年話題のポリフェノールで、長寿遺伝子に働きかける事で、長生きをさせる働きに期待出来ます。

ポリフェノール専門情報サイト。

【ポリフェノールの効果】やサプリメントの選び方。
植物が作る栄養素、ポリフェノールの効果や効能、サプリメントの選び方までを詳しく解説しているサイトです。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.