レシチンとは。

健脳食として、じわじわ人気を高めているレシチンは、脳の活性化だけでなく悪玉コレステロールを低下させるなどの効果も発揮します。

レシチン

別名ではホスファチジルコリンとも呼ばれ、近年注目を集める栄養素です。

レシチンは、脳や神経、肝臓に多く含まれ、私たちの健康を守っている重要な成分です。

最近の言葉に「脳トレ」や「脳年齢」などがあるように、最近の脳への関心の高まりから、サプリメントを利用してレシチンを摂取している人が増えてきています。

レシチンの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

記憶力・集中力を高めます。
脳内では、神経細胞の間を情報伝達物質が活発に行き来しながら、記憶や判断などの働きを行っています。 レシチンは、この脳内の神経伝達物質を作る時に欠かす事が出来きなので、しっかりとレシチンを摂取する事で、記憶力や集中力を高め、さらには認知症の予防を行う事が出来ます。
ダイエットや、脂肪肝を改善します。
レシチンは、脂肪の代謝を促進させ、肥満の解消や予防には欠かす事が出来ません。
逆に不足すると、コレステロールや中性脂肪の代謝が悪くなる事で、肝臓が脂肪ぶくれになり、脂肪肝を招くリスクを高めます。
これらから動脈硬化なども予防する事が出来ます。

レシチンに関する情報サイト。

http://www.e-lecithin.com/
分かり易く、レシチンの効能や認知症などについて、分かりやすく解説しています。

サプリメントでレシチンを上手に摂る方法。

通常の食品由来の成分なので、非常に安全性が高い栄養素です。これまでも、特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

安全性は高いのですが、サプリメント等と何らかの医薬品を同時に摂取する場合には、主治医と相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.