アスタキサンチンとは。

脳や目の関門を通過するこができ、重要な器官においても効果を発揮することができるアスタキサンチンは、非常に強力な抗酸化作用を持っており、その力は自然界最高レベルと称されています。

アスタキサンチン。

カロテノイドの仲間で、赤橙色をした海由来の色素成分がアスタキサンチンです。

カニやエビの甲殻にも含まれますが、生の状態では褐色をしています。
これは、生の状態の甲殻の中では、アスタキサンチンがタンパク質と結合して存在している為であり、加熱することで、タンパク質から分離されアスタキサンチン本来の赤橙色をあらわします。

アスタキサンチンの抗酸化効果は非常に強力なもので、アンチエイジング成分としてサプリメントや化粧品成分として人気です。

アスタキサンチンの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

脳の老化防止に役立ちます。
脳内では、エネルギーを生産する度に絶えず活性酸素が発生している状況にあります。
アスタキサンチンは、抗酸化物質の中でも希少な存在で、血液脳関門を通過することができます。つまり、脳内の活性酸素に対して、ダイレクトにその効果を発揮することができるのです。
※血液脳関門は不要な物質の侵入を防ぐ役割を担っており、抗酸化物質も例外なく排除されます。
アンチエイジング成分として美肌作りに欠かせません。
肌におけるシワやシミなどの肌トラブルは、殆どが紫外線によって発生した活性酸素によって起こります。
アスタキサンチンは、抗酸化作用によって活性酸素を除去しましますが、注目すべきは非常に強力な抗酸化力で、実にβカロテンの約40倍、ビタミンEの約100〜1000倍と言われています。

アスタキサンチンに関する情報サイト。

http://www.sup-search.com/astaxanthin/
分かり易く、アスタキサンチンの効果や副作用、摂取量などについて解説しています。

上手にアスタキサンチンを摂る方法。

アスタキサンチンは、熱に強く水に溶け難い成分ですので、どのような調理法でも特に失われる問題はありません。

しかし、海由来の色素成分であるアスタキサチンを含む食品の数には限りがあります。
一般的には、サケに多く、キンキ・カニ・エビなどにも含まれますが、魚好きでない方がこれらを毎日摂取することは、なかなか難しいのではないでしょうか。

魚が苦手な方、また忙しい日々をお送りの方は、しっかり摂取する為にもサプリメントでの摂取をオススメします。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.