ミネラルとは。

ミネラルは、ファンデーションなどの化粧品の成分としても使用されており、栄養素としても人間の体に必要不可欠な物です。
ビタミンと同様に、サプリメントでも人気で、しっかりと補給する事で様々な病気の予防が可能です。

ミネラル

ミネラルとは、ビタミンと同様に、生きて行く上で必要不可欠な栄養素ですが、体内では作り出す事が出来ず、食事などで摂取しなくてはならない物です。

ミネラルで有名なのは骨の主成分となるカルシウム、血液を作る鉄分ですが、亜鉛やマグネシウム、クロムなど、美容や健康に大事な物も多数存在しています。

人間にとってとても有益な働きをしますが、過剰に摂取すると、重大な健康被害を与えるので、よく理解して摂取することが大切です。

ミネラル専門情報サイト。

ミネラルは大変奥が深い為、もっと詳しく解説しているサイトを紹介します。

ミネラル専門情報サイト
ミネラルの持つ効果から、欠乏症や過剰症、多く含む食品まで、幅広く情報を紹介しています。

ミネラルの種類。

カルシウムや鉄分が有名ですが、体内に必要なミネラルは全部で16種類あるといわれており、そのうち、体内で比較的多い7種類の主要ミネラルと、体内で比較的少ない9種類を微量ミネラルと分類されています。

主要ミネラル
カルシウム
牛乳などに含まれる含まれるミネラルで、骨や歯の主成分となり、不足すると骨粗しょう症となります。
マグネシウム
ストレス社会には欠かせないミネラルで、偏頭痛や便秘に効果的です。
リン
細胞膜の構成元素で生命維持物質として、代謝エネルギーの貯蔵などの重要な役割を果たします。
カリウム
細胞内の余分なナトリウムを排出し血圧を正常に保ち、高血圧などを予防します。
ナトリウム
体液の主成分となり、細胞の浸透圧を維持していますが、現代社会では過剰傾向にあります。
硫黄
アミノ酸の成分となり、丈夫な髪の毛や爪、皮膚を作るためには必要不可欠です。
塩素
たんぱく質を消化する酵素、ペプシンの働きを助けます。
微量ミネラル
鉄分
レバー等の食品に含まれ、血液中の「ヘモグロビン」の原料となり、貧血を予防します。
亜鉛
牡蠣等の食材に含まれ、新しい皮膚の生成や免疫機能の強化など、たくさんの効果があります。
セレニウム(セレン)
魚介類の食べ物に多く含まれ、強力な抗酸化作用によってガンなどの生活習慣病を予防します。
鉄分とヘモグロビンを結びつける役割があります。また、コラーゲンの生成にも欠かせません。
クロム
インシュリンの働きを活性化させ、糖質の代謝を助け、ダイエットミネラルといわれています。。
モリブデン
糖質や脂質の代謝を助ける働きがあり、鉄の働きを促す酵素の主成分でもあります。
ヨウ素
甲状腺ホルモンの生成に不可欠で、血中コレステロールを低下させる効果の実験結果があります。
マンガン
生殖能力の低下や生殖腺機能障害を予防します。
コバルト
ビタミンB12を構成する成分で、貧血を予防したり、神経の働きを正常化させるなどの効果があります。
スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.