ラクトフェリンとは。

哺乳類の母乳に含まれるタンパク質であるラクトフェリンは、免疫力を高める効果に注目が集まっていますが、その他にも抗酸化作用、抗菌作用、アレルギー症状の緩和、ダエット効果など、様々な働きを持ち合わせている多機能タンパク質です。

ラクトフェリン

母乳(特に初乳)に含まれるタンパク質で、鉄分を含む糖と結合した状態で存在しています。
チーズやヨーグルトなどの乳製品にも含まれますが、熱に非常に弱い成分である為、加熱処理された食品には殆ど含まれていません。

ラクトフェリンは免疫力を向上させる成分として注目を集めていますが、体内での働きは様々なで「多機能タンパク質」と呼ばれることもあります。

ラクトフェリンには、免疫調整作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、炎症抑制作用、鉄吸収調整作用、抗酸化作用、腸内改善作用などがあるとされています。

ラクトフェリンの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

免疫力の向上。
体内の免疫システムの中心であるマクロファージやNK(ナチュラルキラー)細胞、T細胞(細胞性免疫)やB細胞(液性免疫)を増強させる効果がありますので、免疫力の向上に大切です。
ダイエット。
潟宴Cオンをはじめ様々な機関による実験で、内臓脂肪減少作用が確認されており、メタボや肥満予防、ダイエット効果にも期待されています。
美容効果。
ラクトフェリンは抗酸化物質の代表格であるビタミンEと同等の高い脂質酸化抑制効果を持ち、抗酸化物質としても注目を集めています。
アレルギーの緩和。
免疫力を高めてアレルゲンの侵入を防ぐだけでなく、アレルギー症状を引き起こすヒスタミン生成を抑制する効果もありますので、花粉症やアトピー、喘息などの予防や緩和に役立ちます。

ラクトフェリンに関する情報サイト。

ラクトフェリンの作用
初乳に多く含まれるラクトフェリンの効果効能や上手な摂取方法、免疫システムなどの解説しています。

サプリメントでラクトフェリンを上手に摂る方法。

ラクトフェリンは、胃酸や酵素に弱い成分ですので、サプリメントで摂取する際には、ラクトフェリンがそのまま腸まで届く加工の施されたものを選びましょう。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.