コンドロイチンとは。

関節痛の緩和に効果があるコンドロイチンは、副作用も少なく、医薬品としても認可されています。
食品からは摂取しにくいので、サプリメントなどを利用してしっかり摂取して下さい。

コンドロイチン

ギリシャ語の「軟骨」を語源とし、正しくは「コンドロイチン硫酸」と呼びます。

もともと体内で合成される栄養素ですが、加齢とともに合成力が低下します。
体内では、軟骨や骨、皮膚や角膜、肝臓や腎臓など殆ど全ての組織に存在しています。

食品では、鶏の皮や軟骨、魚の骨や軟骨、スッポンやウナギなどに含まれていますが、食べ物には微量にしか含まれていないため、十分な量を摂取できないと言われています。

コンドロイチンの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

関節痛を緩和します。
コンドロイチンは、軟骨に水分と栄養を届ける事で、丈夫な軟骨の生成に関与しています。
また、軟骨の重要成分であるプロテオグリカンの材料にもなります。
動脈硬化を予防します。
コンドロイチンは、血液中のコレステロール増加を抑制するだけではなく、血管壁にコレステロールが沈着するのを防ぐ効果もありますので、血管を丈夫に保ち、動脈硬化を予防します。
潤いのある肌を作ります。
驚異的な保水力で体内の水分を保つだけではなく、真皮中のコラーゲン繊維を正常に保ち、肌の弾力維持にも役立ちます。

コンドロイチンに関する情報サイト。

コンドロイチンの働き
コンドロイチンの効能や、関節と運動の関係などについてわかりやすく解説しています。

サプリメントでコンドロイチンを上手に摂る方法。

関節におけるコンドロイチンの効果を発揮するために、グルコサミンと一緒に摂取しましょう。
コンドロイチンは軟骨を守り、グルコサミンは軟骨を作ると言われており、 同時に摂取することで、効果が飛躍的に高まると言われています。

医薬品としても認可されており、安全性が高いと言われていますが、ワルファリンなどの抗凝血薬との併用は、薬の作用を強める可能性がありますので、注意して下さい。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.