不飽和脂肪酸とは

青魚などの食品に多く含まれる脂で、飽和脂肪酸と比べて必要摂取量の確保が難しいです。
中性脂肪やコレステロールを低下させる効果が期待できることから、メタボ対策や、生活習慣病にも効果的です。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸とは、青魚の脂に多く含まれている脂肪酸で、DHAやEPA等の種類があります。
常温では液体で存在し、体内に入るとコレステロールや中性脂肪を低下させ、血液をサラサラにする働きがあります。
その結果、動脈硬化など各種生活習慣病の予防に効果的であると、近年注目されています。

一方で飽和脂肪酸とは、動物性の肉類の脂に含まれている脂肪酸で、常温では固体で存在している為、血液をドロドロにし、中性脂肪やコレステロールを増加させ動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病の原因となるといわれています。

不飽和脂肪酸の種類

不飽和脂肪酸は、分子の構造的な違いから、n-3脂肪酸とn-6脂肪酸とに分類されています。

最近では、日本人のn-6脂肪酸の摂取量は増加傾向にあり、体にはなくてはならない重要な栄養素ですが、過剰に摂りすぎると動脈硬化や高血圧を招く恐れがあります。

n-3脂肪酸は、n-6脂肪酸の過剰な反応を抑える効果があるのですが、最近は魚中心の食生活ではなくなってきていることから、日本人の摂取量は年々減少傾向にあり、サプリメントなどを利用して積極的に摂取する事が望まれます。

n-3脂肪酸

DHA
中性脂肪やコレステロールを低下させるだけでなく、脳の活性化やアレルギーに効果的な栄養素です。
EPA
中性脂肪やコレステロールを低下させるだけでなく、乾燥肌や敏感肌を防ぎます。
αリノレン酸
コレステロールを減少させる働きが注目されています。

n-6脂肪酸

アラキドン酸
老齢による学習・記憶能力の向上するなど、脳への働きかけに期待がかかります。
リノール酸
血中コレステロールを低下させ、動脈硬化を予防します。
γリノレン酸
アトピーや月経前症候群などの緩和作用が報告されています。
スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.