クエン酸とは。

エネルギーを作り出し、疲労回復効果に優れている成分です。
レモンや酢などの酸っぱい食べ物に多く含まれています。

クエン酸

柑橘系の食品に多く含まれてる酸味成分で、疲労回復に高い効果を持っています。
昔から、すっぱいものを食べると元気が出るといわれているのは、このクエン酸の働きによるところが多いのです。

クエン酸の代表的な働きには、クエン酸回路というものがあります。(クエン酸回路は、エネルギーが作り出される際に不可欠な物)

最近は、こうした疲労回復効果だけでなく、酸味刺激によって耳下腺から出てくるホルモン(パロチン)が分泌を促進させる事が分かってきました。このホルモンは、老化防止に働き、皮膚の角質代謝を行う事で、シミやシワなどを予防する美肌効果にも期待する事が出来ます。

クエン酸の効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

疲労回復に役立ちます。
疲労物質である乳酸の生成を抑制します。
また、エネルギーを産出する際に活動しているクエン酸回路に不可欠な成分です。
ミネラルの吸収を高めます。
カルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、非常に吸収率が悪い栄養素です。
クエン酸は、このような金属ミネラルを挟み込むキレート作用によって、格段に体内に吸収されやすくします。

クエン酸に関する情報サイト。

クエン酸の効果
クエン酸の効能やサプリメントを利用した摂取方法、変形性関節症などについてわかりやすく解説しています。

サプリメントでクエン酸を上手に摂る方法。

上限量の規定もなく、非常に安全性が高いものです。これまで特に副作用の報告はありません。
しかし、栄養はバランスが大事なので、極端に摂り過ぎないようにしましょう。

クエン酸は、1回に大量に摂取するのではなく、1日に数回に分けて摂取するようにしましょう。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.