貧血によいサプリメント

めまい等の不快な症状の貧血は、普段の食事等の栄養バランスに気をつけなくてはなりません。
出来れば、貧血になっても薬に頼ることなく、普段からサプリメントで栄養バランスを整えておきましょう。

サプリメントで貧血対策。

女性の5人に1人は、貧血といわれています。

貧血とは、血液中のヘモグロビンや赤血球が不足している状態の事で、めまいや立ちくらみ、集中力の低下、動悸や息切れなど、様々な不快な状態となります。

ところで、「貧血=鉄分不足」と思ってはいませんか?

たしかに、貧血のもっとも多い原因は鉄分が不足している状態です。鉄分が不足し、ヘモグロビンが作られなくなる状態です。ですが、鉄分が十分に足りていても貧血を招く場合があります。

実は、葉酸やビタミンB12も血液を造る為には欠かす事が出来ません。むしろこれらのビタミンが不足して起こる貧血の方が手足のしびれなどを招きますので重度であるといえるでしょう。

これらのビタミンの他にたんぱく質や銅などの栄養素を必要となりますので、貧血気味と感じたら、鉄分だけを摂取するのではなく、ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取するようにしましょう。

貧血によいサプリメント。

血液を造る為に重要な栄養素を紹介します。実際には、他の栄養素も必要となりますのでバランスよく栄養を摂りましょう。

鉄分
血液の主成分となるヘモグロビンの材料となります。
ヘモグロビンは酸素を乗せて体中の細胞の隅々までいきわたらせる重要な働きをします。
葉酸
血液中の赤血球が作られる時に欠かす事が出来ません。
ビタミンB12
葉酸と同様に、赤血球が作られる時に欠かす事が出来ません。
なお、葉酸とビタミンB12が不足して起こる貧血は悪性貧血と呼ばれています。
ラクトフェリン
鉄分を含む糖とタンパク質が結合したラクトフェリンは、食品中の鉄分を取り入れて、体内に多く吸収させてくれる役割を担っており、貧血の予防に役立ちます。

貧血に関する情報サイト

鉄分と貧血の解説
わかりやすく鉄分の働きや貧血との関係、レシピなどを紹介しています。

貧血対策のサプリメント選びの注意事項

鉄分は血液の主成分となり、貧血対策に有効ですが、過剰摂取には注意するようにしましょう。この為、相当な重度な貧血ではない限り、鉄分を大量に摂取する事はお勧めできません。
少し貧血が気になる程度でしたら、マルチビタミン&ミネラルに含まれる鉄分の含有量で十分な事が多いので、こちらのサプリメントから試しましょう。

血液が造られる為には、鉄分だけでなくビタミンB12や葉酸、銅、たんぱく質等も必要となりますので、バランスよく摂取しましょう。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.