ローズヒップとは。

ハーブティーでお馴染みのローズヒップは、美容の為に多くの女性から支持されているハーブです。
ローズヒップは、ビタミンCを中心にE、Aなど、美肌に欠かせない成分を多く含んでいる事から、ハーブティーにとらわれずにオイルにも用いられる人気の植物です。

ローズヒップ

バラ科である「ノイバラ」の花が落ちた後に出来る花の根元がふくらんだ部分(赤い実)をローズヒップといいます。
食べると、甘酸っぱい味をしており、ビタミンCの爆弾とのニックニームもあるとおり、自然界に存在する植物の中で、最もビタミンCを多く含んでいます。
また、ビタミンEβカロテン、リコピンなど抗酸化作用を持つ成分を含んでいるので、まさに美肌の為のハーブです。

このように、ローズヒップは美肌効果を持つ栄養素を豊富に含んでいる事から、ハーブティーやオイル、サプリメントの原材料として利用され、世界中の人々から愛されています。

ローズヒップの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

美しい肌を作る。
ローズヒップには大量にビタミンCを含んでおり、シミやシワの予防やコラーゲンが作られる時に必要である事から、肌には欠かせません。
生活習慣病の予防。
ローズヒップには、ビタミンCだけじゃなくビタミンEやβカロテンなど、活性酸素を除去する抗酸化作用を持つ栄養素を含んでいる為、癌や動脈硬化、脳卒中などの生活習慣病の予防に期待する事が出来ます。

ローズヒップに関する情報サイト。

現在調査中です。

その他

ローズヒップは、ビタミンP(バイオフラボノイド)を含んでいる為、ビタミンCの吸収を高め、さらには働き終わったビタミンCを再度活動させる作用があります。

ビタミンCは熱に弱い性質を持っていますので、ローズヒップティーとして摂取する場合は、長い時間極度に熱しすぎるとビタミンCが破壊されますので注意しましょう。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.