EPAの効果や効能。

DHAと同様に、青魚の脂に豊富に含まれているEPAは、不飽和脂肪酸の一種で、コレステロールや中性脂肪を低下させる栄養素です。
こちらのページでは、EPAの効果を紹介するので、参考にして下さい。

EPAの効果。

代表的な効果を、下記に紹介しますので、参考にして下さい。

血液の流れをスムーズにします。

EPAには、DHAと同様に、血液の流れを悪くする中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させる効果があります。

この効果の高さから、EPAは、「EPAエチル」として、高脂血症や血管内で血液が固まるのを防ぐ医薬品としても使用されています。

血液がサラサラになると、動脈硬化や脳卒中、脳梗塞などの生活習慣病を予防する事が出来ます。

花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。

まさに現代病ともいえる、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を、EPAが予防や、症状の緩和に役立つといわれています。

EPAは、アレルギー反応の炎症物質(ロイコトリエンB4)の働きを抑制する効果があります。 アレルギー疾患に効果的な、ビタミンB群のビオチンと併用する事で、さらに高い効果に期待出来るといわれています。

生理痛を緩和します。

多くの女性が生理痛に悩まされています。

生理痛は、 経血を排出時の子宮の収縮の際に、痛みを伴うことが言われています。

最近の研究報告で、EPA等には子宮の収縮時に活動している成分(プロスタグランジン)の働きを和らげる事がいわれ、生理痛の緩和に有効である事がいわれています。


Copyright (C) 2011 DHA.com. All Rights Reserved.