DHAの効果や効能。

青魚の脂に多く含まれるDHAには、様々な効果がある事から、サプリメントでも大人気の栄養素です。
逆にDHAが不足すると、コレステロール値が高くなり、動脈硬化などを招くリスクが高くなるので、食品やサプリメントを利用してしっかりと摂取しましょう。

DHAの効果。

多くの効果を持つDHAですが、下記に一般的に知られている効能を紹介します。

脳を機能を高めます。

「日本人は頭が良い」と、諸外国から聞いた事があるかと思いますが、これは日本人が古来から魚を中心とした食文化によって、DHAをしっかりと摂れていた為といわれています。

DHAは、脳細胞や神経細胞に多く使われている為、思考力や記憶力など、脳機能維持には欠かす事が出来ません。

血液をさらさらにし、動脈硬化などを予防します。

血液の流れを悪くする主要因に、過剰な悪玉コレステロールと中性脂肪があります。

近年の食事では、高脂肪・高カロリーの食品が多く、悪玉コレステロール値などが高い人が多くなっています。

DHAやEPA等の不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールと中性脂肪を低下させる効果があり、血液の流れをスムーズにする事で、動脈硬化や脳卒中などを予防する事が出来ます。

花粉症やアトピーを予防・改善します。

DHAには、免疫機能を正常にし、アレルギーの症状を緩和させる効果が期待出来ます。

子育てを経験した事があるかたはご存知かと思いますが、最近の粉ミルクには必ずDHAが含有されています。これは、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を予防する為の意味がある為です。

精神を安定させます。

「最近の子供はキレやすい」というデータがありますが、これは青魚を食べる機会が減る事で、DHAが不足しているのではといわれています。

ストレスがかかると、攻撃性や敵意が生じますが、DHAを摂る事で、攻撃性が抑えられるというデータがあります。

がんを予防します。

DHAやEPAには、がんの発生を抑制する事が近年の研究でわかっています。

又、がんの発生を抑制するだけでなく、がん細胞の転移を抑制したり、抗がん剤の副作用を軽くする作用もあるといわれています。


Copyright (C) 2011 DHA.com. All Rights Reserved.