L-カルニチンとは。

もともとは心臓病の治療薬として認可されていた成分です。
現在では、L-カルニチンが持つ脂肪燃焼作用から、ダイエットや肥満予防に高い効果が期待されています。

L-カルニチン。

2003年に食品としの使用が許可されるまでは、心臓病の治療薬として認可されていた成分です。
L-カルニチンは、体内で合成することができる成分で、ビタミン様物質とも呼ばれています。しかし、加齢に伴い合成量が減少することも判明しています。

L-カルニチンは、肉類(特に羊肉)に多く含まれており、魚・野菜・果物などには殆ど含まれていません。
食品から摂取する際には、過剰なカロリー摂取に注意して下さい。

L-カルニチンの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

ダイエットを強力にサポートします。
L-カルニチンには、食事で摂った脂肪・体に溜まっている脂肪を順次ミトコンドリア(細胞内にあるエネルギー生産工場)へ運搬し、効率良く燃焼させる働きがあります。
L-カルニチンの効果は、脂肪燃焼と同時に日々の活動に欠かせないエネルギーを生み出すこととなりますので、現在ではダイエットサプリメントの中心的存在となっています。
脳の活性化に役立ちます。
L-カルニチンは、脳内で「記憶力」「学習能力」などに深く関わっているアセチルコリンと呼ばれる成分の必須材料となります。
近年、アセチルコリンの増加が脳の活性化に効果があると言われており、L-カルニチンの摂取による脳の活性化に期待されています。

L-カルニチンに関する情報サイト。

http://www.sup-search.com/l-carnitine/
丁寧に分かり易く、L−カルニチンのダイエット効果や副作用などについて解説しています。

効率良く効果を活かすには。

L-カルニチンの効果を効率良く活かす為には、体脂肪(グリセリン+脂肪酸)から脂肪酸を切り離すことが重要です。
運動などによる体温上昇、アドレナリンなどのホルモンが分泌によって脂肪酸がグリセリンから離れて遊離脂肪酸となり、血液にのって筋肉に運ばれた後、L-カルニチンによってミトコンドリアへ運搬されます。

軽い運動とL-カルニチンの摂取を継続することは、基礎代謝を高めるだけでなく、リバウンドのリスクが減少しますので、より理想的なダイエットに近づきます。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.