ナイアシンとは。

医薬品やサプリメントでも注目を集めているナイアシンは、統合失調症の緩和やにきびの改善など幅広い効果があるビタミンです。
ナイアシンは、まいたけなどの食品に多く含まれており、不足するとうつを招き、逆に過剰に摂取すると胃腸障害などの副作用も報告されていますので、摂取量はしっかりと守りましょう。

ナイアシン

別名でビタミンB3と呼ばれており、少し変わった名前ですがビタミンの一種です。
基本的な働きは、食べ物に含まれる炭水化物等の糖質をしっかりと代謝してエネルギーに変換する事です。

ナイアシンは、代謝以外にも、鬱(うつ)病と並んで精神疾患である統合失調症を緩和する事が言われています。

不足すると、皮膚炎・下痢・精神神経障害を主症状とするペラグラを引き起こす恐れがありますので、食品やサプリメントからしっかりと摂取するようにしましょう。

ナイアシンの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

統合失調症を緩和します。
うつや統合失調症の原因の1つとして、ナイアシンの代謝異常により症状が現れる事が報告されています。
この為、薬やサプリメントからナイアシンを投与する治療が一部では行われています。
肌の健康を保ちます。
ナイアシンは、皮膚や粘膜を正常に保つのために欠かせませんので、肌の健康を保ちます。この為、不足すると、口内炎や肌荒れ等の症状を引き起こします。

ナイアシンに関する情報サイト。

ナイアシンの効果
様々な効能を持つナイアシンについて詳しく解説しています。糖尿病や統合失調症の解説も行なっています。

サプリメントでナイアシンを上手に摂る方法。

ナイアシンは、8種類あるビタミンB群のひとつです。ビタミンB群は、それぞれが助け合いながら働きますので、ナイアシンだけを摂取するのではなく、B群すべてを摂取するようにしましょう。

ナイアシンは水溶性ビタミンなので、摂りすぎた分は基本的には尿などで排出されるのですが、だからといって、急激にたくさん摂りすぎたりしないようにしましょう。 過剰摂取の症状としては、胃腸障害を招く事が報告されています。

ミネラルであるクロムと一緒に摂取する事で、血糖値を下げる働きを高める事に期待がかかっています。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.