ビタミンKとは。

赤ら顔を改善する効果がある為、クリーム等にも利用されているビタミンKは、納豆などの食品に多く含まれている栄養素です。
普通の食生活を送れば不足しにくいですが、抗生物質を摂っている人は欠乏を起こしやすいです。

ビタミンK

丈夫な骨を作る為に重要なビタミンKは、骨の主成分となるカルシウムの働きを助けます。
又、切り傷などで出欠したときに血液を固める為に必要なので、不足しないようにしなくてはなりません。

食品では、納豆やほうれん草などの野菜に多く含まれており、又、腸内細菌によってもビタミンKは作られますので、普通の食生活を送れば不足しにくいのですが、抗生物質を摂り続けている方は、腸内細菌による吸収は期待で出来ませんので、サプリメント等でしっかりと補給する必要があります。

ビタミンKは、血液のかたまり(血栓)ができるのを防ぐ薬品、ワーファリンの働きを弱める報告がありますので、このような薬を摂られている方は、ビタミンKの積極的な摂取は控えようにしましょう。

ビタミンKの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

骨の強化。
骨はコラーゲンを芯として、その周りからカルシウムやマグネシウムなどがくっついて骨が作られます。
このとき、ビタミンKが、コラーゲンとカルシウムを接着する役割を果たします。
血液凝固。
出血すると、血液の流れを止める為に自然に血液が固まりますが、この凝固成分が作られるときに、ビタミンKが必要となります。

ビタミンKに関する情報サイト。

ビタミンKの効果
効能や副作用など、ビタミンKに関する情報がわかります。

サプリメントでビタミンKを上手に摂る方法。

ビタミンKは、ワーファリン(血液のかたまり(血栓)ができるのを防ぐ薬品)の働きを弱めますので、ワルファリンを摂取している方がサプリメント等で補給する場合は、お医者さんに相談するようにしましょう。

吸収率の悪いカルシウムを効率よく働かせますので、サプリメントで摂取する場合はカルシウムを同時に摂取するようにしましょう。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.