ビタミンDとは。

カルシウムの吸収を高め、骨を丈夫にする働きがビタミンDにあり、骨粗鬆症の予防に効果的です。他にも多くの効果が期待されている事から、サプリメントでも最近注目を集めています。
ビタミンDは、紫外線を浴びる事でも生成されるのですが、不足する事も考えられますので、食品からもしっかりと補給するようにしましょう。

ビタミンD

骨の代謝に重要な働きを持つビタミンDは、カルシウムと一緒に骨粗鬆症を予防するとても大切な栄養素です。
「日光のビタミン」との通称があるように、紫外線を浴びる事で皮膚でビタミンDが生成されます。

脂に溶け易い「脂溶性」に分類されており、過剰摂取すると副作用の危険もあるのですが、逆に不足すると、骨が脆くなるなど、非常に危険ですので、サプリメント等でしっかりと補給するようにしましょう。

近年でビタミンDの研究が進み、骨の強化以外でも様々な効果が注目されています。

ビタミンDの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

骨の強化。
骨の主成分であるカルシウムは、とても吸収率が悪いミネラルですが、ビタミンDを摂取する事で、吸収率を高め、骨粗鬆症を予防する等骨をしっかりと強化します。
癌を予防。
最近の研究結果では、ビタミンDが癌を予防する働きがある事が報告されています。ビタミンDが細胞内に入り、DNAなどにに作用することによよって、がんの増殖を抑えることがいわれています。

ビタミンDに関する情報サイト。

ビタミンDの効果
わかり易くビタミンDの効果や、サプリメント等での上手な摂り方を紹介しています。

サプリメントでビタミンDを上手に摂る方法。

ビタミンDは、13種類あるビタミンの一つです。単体で摂取するよりも、全てのビタミンをバランスよく摂取した方が効率的に働きます。この為、マルチビタミン等で補給する事がお奨めです。

又、吸収率の悪いカルシウムの吸収を高めますので、折角サプリメントで補給するのであれば、カルシウムも同時に摂取する方がよいでしょう。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.