ビタミンB12とは。

動物性の食品に含まれるビタミンB12は、葉酸と一緒に血液を造る為に働きとても大事な栄養素です。
ビタミンB12は、神経を正常に働かせる為に効果的なので、薬やサプリメントでも注目を集める栄養素です。

ビタミンB12

8種類あるビタミンB群の中の一つで、別名「シアノコバラミン」と呼ばれており、葉酸とともに、血液を造る時に重要な役割を果たしています。又、動脈硬化などの原因となるホモシステインの血中濃度を正常に保つ働きがあるので、とても大事な栄養素です。

ビタミンB12はレバー等の動物性の食品に多く含まれている為、あまりお肉を食べない菜食主義の人は慢性的に不足しやすく、サプリメント等を利用し、しっかりと補給する必要があります、

近年では、葉酸と同様に幼児の発育を促進するためにも不可欠ですので、妊娠中や授乳中には特に気をつけてビタミンB12を摂取をしなくてはなりません。過剰摂取等はありませんので積極的に補給しましょう、

ビタミンB12の効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

胎児の健康的な発育に欠かせない。
妊娠したらまずは葉酸といいますが、最近の研究からビタミンB12も非常に重要である事が判明しました。
妊娠時にビタミンB12が欠乏している場合、赤ちゃんの脳や脊髄が発育せずに「無脳症」と呼ばれる症状を起こすリスクが高くなります。
貧血を予防します。
血液を造る栄養素といえば鉄分をイメージしがちですが、実はビタミンB12や葉酸も必要となります。
不足すると、赤血球が十分に成熟せず悪性貧血を招く恐れがあります。

ビタミンB12に関する情報サイト。

ビタミンB12の効果
多くの効能を持つビタミンB12のすべてを、わかりやすく詳細に解説してあります。

サプリメントでビタミンB12を上手に摂る方法。

ビタミンB12は、8種類あるビタミンB群のひとつです。単体で摂ってもあまり効果を発揮する事が出来ませんので、ビタミンB群全て摂取するようにしましょう。

ビタミンB12は水溶性で摂取してもすぐに排出されがちですので、サプリメント等で摂取する場合は、朝、昼、夜に分けて摂取するか、ゆっくりと吸収される「タイムリリース加工」等が施されているサプリメントを選ぶようにしましょう。

ビタミンB12を体内にしっかり吸収させるためには、胃から分泌される特殊なタンパク質(内因子)が必要となります。過去になんらかの原因で胃に異常を来たした方、胃を切っている方などは、吸収がされにくくなりますので、注意が必要です。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.