ビタミンAとは。

野菜や肉などの食材に含まれているビタミンAは、花粉症予防などの効果があります。
ビタミンAは妊娠初期に過剰に摂取すると副作用がありますので、しっかりと摂取量を守る必要があります。

ビタミンA

別名、レチノールと呼ばれており、目の健康にとても大事なビタミンとして有名です。
ビタミンAといえば、にんじんなどの食品に多く含まれていると思われがちですが、実はうなぎなどの動物性にも多く含まれています。

また、βカロテンとビタミンAは同じ物と勘違いされがちですが、βカロテンはビタミンAの前躯体で、体内で体に必要な分だけビタミンAに変わります。

ビタミンAは、過剰に摂取すると副作用の恐れがありますので、緑黄色野菜に多く含まれ、過剰症のないβカロテンの形で摂取する事が望ましいでしょう。(特に妊娠初期は過剰に摂り過ぎないようにしましょう)

ビタミンAの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

花粉症の予防
ビタミンAは、粘膜を正常に保つ効果から、花粉症や胃腸の健康維持などにも役立ちます。
視力の向上(夜盲症などの予防)
ビタミンAは網膜に存在し、目が光を感知するのに必要なロドプシンという物質の主成分となりますので、光を調整する機能を正常化して、夜盲症などを予防します。

ビタミンAに関する情報サイト。

ビタミンAの効果
詳しいビタミンAの解説、βカロテンとの関係、それぞれを含む食べ物などを掲載しています。

サプリメントでビタミンAを上手に摂る方法。

ビタミンAの形でサプリメントを摂取すると、過剰に摂りすぎた場合には副作用を招く恐れがありますので、必ずβカロテンの形で摂取するようにしましょう。(成分表をチェックして下さい)

βカロテンは、ビタミンCビタミンEセレン亜鉛などの栄養素と一緒に摂取する事で、より効果的に抗酸化作用などの効力を発揮しますので、マルチビタミン&ミネラル等のサプリメントがよいでしょう。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.