βカロテンとは。

ほうれん草等の野菜に多く含まれているβカロテンは、抗酸化物質として働く事から、生活習慣病等の予防に注目が集まっています。
βカロテンを摂取すると、体内で必要な分だけビタミンAに変換されますので、過剰症の心配はありません。この為サプリメントとして摂取する人が多くなっています。

βカロテン(ベータカロチン)

にんじん等の野菜に多く含まれているβカロテンは、ビタミンCやEと同じく強力な抗酸化物質として働き、若々しい毎日を送る為に必要不可欠で、ガンなどの生活習慣病の予防に期待がかかる栄養素です。

βカロテンとビタミンAを同じ物質と勘違いされがちですが、実は異なった物質です。βカロテンはビタミンAの前躯体と呼ばれる物で、摂取すると体内で体に必要な分だけビタミンAに変わります。
この為、過剰摂取の恐れがなく、副作用の心配がありません。(ビタミンAの形で過剰に摂取すると、副作用を起こす恐れがあります。)

βカロテンはビタミンAの効能を兼ねているだけでなく、βカロテンとしても悪玉コレステロールを低下させる等の効果が期待出来ますので、サプリメントでも注目を集めています。

βカロテンの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

生活習慣病の予防
βカロテンは、強力な抗酸化作用を持っており、ビタミンC・Eと同様に活性酸素を除去しガン等を予防するといわれています。また、悪玉コレステロールを低下させる事にも活躍します。
視力の向上(夜盲症などの予防)
ビタミンAは、網膜内にある目が光を感知するのに必要なロドプシンという物質の主成分となり、光を調整する機能を正常化します。βカロチンはビタミンAの前躯体として目の健康に役立ちます。

βカロテンに関する情報サイト。

βカロテンの解説。
わかり易くβカロテンの効能やビタミンAとの違いを解説しています。

サプリメントでβカロテンを上手に摂る方法。

βカロテンは、ビタミンCビタミンEセレン亜鉛などの栄養素と一緒に摂取する事で、より効果的に抗酸化作用などの効力を発揮しますので、マルチビタミン&ミネラル等のサプリメントがよいでしょう。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.