グリシンとは。

肉類やホタテ、エビやカニ等の食品に多く含まれており、アミノ酸の中で最も分子量が小さく、体内に広く分布しています。
グリシンは、睡眠に関与しているだけでなく、神経伝達物質やコラーゲンの材料となるなど重要な役割を担っています。

グリシン。

体内において、コラーゲンの構成アミノ酸、ヘモグロビンの材料、神経伝達物質としての役割などを持つグリシンは、非必須アミノ酸の1種です。
また、グリシンからはクレアチニンやグルタチオンなどの生理的に重要な物質が生合成されます。

非必須アミノ酸とは、体内での合成が可能なアミノ酸ですが、グリシンが睡眠の調節に関係していることが報告されてからは、もともと体内に備わっているほど重要なものとして、サプリメントとしても注目を集めています。

グリシンの効果。

以下に一般的な効能を紹介します。

睡眠の質を向上させる効果に期待されています。
熱放散を促し深部体温を低下させる作用グリシンは、ノンレム睡眠への移行をスムーズにする作用もあり、脳に休息を与えて、快眠を得る効果に期待されています。
美肌作りをサポートします。
コラーゲンの螺旋構造を作るグリシンは、コラーゲン生成に関与するだけでなく、保湿作用、抗酸化作用なども持ち合わせていますので、美肌作りに大切な成分として、近年では化粧品にも配合されています。

グリシンに関する情報サイト。

http://www.sup-search.com/glycine/
快眠を得る効果に期待されているグリシンの効果や副作用などについて解説しています。

食品添加物として。

実はグリシンは、睡眠の質を高める効果に注目される前から、食品添加物として私たちの生活を支えています。
多くの特質を持ち、食品への応用範囲が広いグリシンは、各種の食品に調味料や緩衝剤などとして幅広く使用されています。

スポンサードリンク

注意事項!

・本サイトの利用は、トップページ下部にある注意事項をよく読んでご利用下さい。

Copyright (C) 2009 サプリメント通販を選ぶ前に.com. All Rights Reserved.